カムチェーンテンショナー調整

D-TRACKER X

こんにちは!

マエドンです!

今回はDトラッカーシリーズでは定番のメンテナンス、カムチェーンテンショナーをしてみたいと思います。

走行距離を重ねていくと、クランクとカムを繋ぐカムチェーンが伸びていきます。

カムチェーンが伸びることで遊びが増え、テンショナーやガイドにチェーンが接触し、エンジンから音が大きくなっていきます。

これ放っておくと、最悪カムチェーンが切れてしまったり、点火タイミングにズレが生じる可能性もありますので、「最近距離も伸びてきてエンジン音が大きくなったな」と感じる方は一度確認してみて下さい。

音の種類としては「シャー」とか、ひどい場合は「ガー」とかです。

表現が下手で申し訳ありません。

早速いってみましょう!

スポンサーリンク

カムチェーンテンショナー取り外し

今回調整するカムチェーンテンショナーは、車体みを跨って右側のヘッド部分から飛び出ているパーツです。

シュラウド等外さなくても作業可能です。

まずは真ん中のボルトを外していきます。

真ん中のボルトを外すとスプリングが飛び出てきますので、飛び出さないようにゆっくりスプリングも抜いていきます。

続いて両サイドのボルトを外していきます。

両サイドのボルトにはスプリングは入っていません。

ボルトを3本外すと、本体が外れますので慎重に外していきます。

全て外れました。

オイルでかなり汚れていますので、組み付ける前にパーツクリーナー等で洗浄してから組み付けましょう。

スポンサーリンク

カムチェーンテンショナー調整

本体のチェーンを押している部分をマイナスドライバー等で、矢印の方向に押し出すと「カチッ」という音がします。

あまり力を入れすぎるとチェーンを押す部分が出過ぎてしまい、一方通行で戻すのが困難ですので力加減には注意しましょう。

調整が終わると逆の手順で組み込んでいきます。

調整の目安としてはあまり何コマも押し出すものでは無いので、1コマ押し出すごとに取り付けてエンジン音確認をしていき、音が静かになったらオッケーです。

僕の場合は2コマで音がかなり小さくなったので、2コマで終了しました。

スポンサーリンク

まとめ

走行距離が伸びてくると必ず調整が必要になてくるパーツですので、エンジン音にが大きくなった場合なんかにチェックしてください。

カムチェーンの緩み過ぎも問題ですが、逆に締め過ぎもカムチェーンが切れてしまう可能性もありますのでご注意ください。

作業自体は難しくありませんが、エンジン内部の重要なパーツですので無理せずに、自信のない方はバイクショップにご相談ください。

ほなまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました