KDX125SR

KDX125SR KDX125SR
KDX125SR

フロントフォーク オーバーホール② 組立編

前回の記事ではフロントフォークを車体から降ろし、バラバラにするまでの工程を紹介しましたので、今回はシールの打ち込み、組み立てまでやっていきたいと思います!組み立てについては専用工具はいるものの、要領さえ掴んでしまえば自分でできる作業でした。注意点としては部品を入れる順番と、シールに傷を付けないことです! 早速やってみましょう!
KDX125SR

フロントフォーク オーバーホール① 分解編

今回はKDX125SRの持病とも言われる、フロントフォークオイル漏れが激しいのでオーバーホールをしたいと思います! 中々重い腰が上がらず漏れたままで放置をしていたのですが、走行後にオイルがフロントフォークから滴り落ちる程までになっていましたのでオーバーホールを決意しました。走行中にフォークを滴り落ちたオイルが、ブレーキローターにでも付くようなことがあればブレーキが効かず大変危険です!
KDX125SR

ドライブシャフト シール交換

前回の記事ではドレンボルトからのオイル漏れを修理しましたが、試運転をしているとドライブシャフト(フロントスプロケットが付いているシャフト)からのオイル漏れを発見してしまいました。経年劣化で漏れてくる場合もありますが、エンジンオーバーホール時にシールの交換をしているので組み付けに問題があったようです。またエンジンを降ろすのかと冷や汗が出ましたが、今回はなんとかエンジンを降ろさずに作業ができそうです。
KDX125SR

ギアオイル ドレンボルト修正

好調なKDXですがギアオイルを交換する際にドレンボルトが締まり切らない症状があり、案の定ドレンボルトをつたってオイルが漏れてきました。他車種にも共通することですが、原因としてはドレンボルトを締めすぎてエンジン側のネジ穴が潰れてしまうものです。このまま放って置くと走行中に漏れたオイルを後輪で踏んでしまったり、最悪エンジンを壊してしまう場合があるので修理したいと思います!
KDX125SR

クーラント逆流

前回までの記事で一通り点検も完了しいよいよ走り出したKDXですが、走行中クーラントが後方のリザーブタンクから大量に溢れ出て地面がびちゃびちゃに濡れていました。色々と調べてみるとどうやらエンジンのヘッドガスケット部分からクーラントのラインに空気が入ってしまう、いわゆる「ガスケット抜け」が原因のようです。
KDX125SR

KDX125SR レストア⑩ リアブレーキオーバーホール

今回はバイクメンテナンスの基本中の基本、ブレーキパッド交換をしていきたいと思います!幸い現状でブレーキの固着はなく、フルードを交換し動作は確認できましたが、ブレーキパッドがひどく腐食しているため交換します。ブレーキは命を守る一番重要な部品ですので、交換に自信がない方は無理をせずバイクショップに相談する等くれぐれも自己責任でお願いします。
KDX125SR

KDX125SR レストア⑨ チェーン・スプロケ交換

前回までの記事でエンジン、吸気系の点検が終わり、走る準備はできました。せっかく元気になったエンジンですがその動力を最終的にタイヤに伝える部分がダメだと動力がうまく伝わりません!そこで今回はチェーン、スプロケットの交換をしたいと思います!消耗品であり定期メンテナンスの項目ですので是非マスターして下さい!
KDX125SR

KDX125SR レストア⑧ エアクリーナー交換

今回はバイクメンテナンスの基本であるエアクリーナーを交換したいと思います!せっかく綺麗にしたキャブレターもエアクリーナーを通して吸う空気が汚ければまたキャブも汚れてしまい、詰まりの原因になってしまいますので必ず点検をしましょう!早速やってみましょう!
KDX125SR

KDX125SR レストア⑦ キャブレター オーバーホール

今回はエンジンをかけるやめにキャブをオーバーホールしたと思います!KDX125SRの純正キャブはPE28というとてもシンプルな構造のキャブが採用されており、2stオイルも別経路となっていますので、キャブオーバーホール初心者の方にも取っ付きやすいキャブです!
KDX125SR

KDX125SR レストア⑥ エンジン組み立て・積み込み その2

前回の記事で腰下の組み立てまで完成しましたので、残る腰上の組み立て、積み込みをやっていきたいと思います。 いよいよエンジン完成間近! 早速やってみましょう!